道後温泉ガイドなび 予約センター
会社概要・約款 プライバシーポリシー サイトマップ
TOPページ道後温泉についてホテル紹介モデルコース観光情報イベントお問合せ・お見積り
TOP > 観光情報
観光情報
道後温泉本館 (どうごおんせんほんかん) 松山市
道後温泉のシンボルとして存在。明治27年に建築された三層楼のどっしりしたもので、平成6年12月国の重要文化財に指定 された。毎朝6時の「刻太鼓」の音を合図に開館。銭湯感覚の「神の湯」と、少しぜいたくな「霊の湯」がある。

松山城(まつやまじょう) 松山市
標高132mの勝山山頂に立つ松山城(史跡)は、大天守に複数の小天守が連結する連立式天守をもつ平山城〔ひらやまじろ〕。 1627年(寛永4)、加藤嘉明〔かとうよしあき〕によって完成。乾櫓〔いぬいやぐら〕、野原櫓、隠門〔かくれもん〕など築城当時から残るものはすべて重要文化財に指定されている。1854年(安政元)に再建された天守(重要文化財)からは、石鎚山から伊予灘までが一望。

坊っちゃんカラクリ時計(ぼっちゃんからくりどけい) 松山市
道後温泉駅前にある放生園〔ほうじょうえん〕のシンボルになっているカラクリ時計。道後温泉本館の振鷺閣〔しんろかく〕 を模したもので、道後温泉本館100周年を記念して、平成6年に作られた。8〜22時の1時間ごとに、定時になるとせり上がり、 小説『坊っちゃん』の登場人物の20体の人形が次々に現れる。春・夏休みと年末年始は30分ごとに人形が出る。

坊っちゃん列車(ぼっちゃんれっしゃ) 松山市
夏目漱石が小説『坊っちゃん』の中で、「マッチ箱のような」小さな汽車と形容したのが名の由来。 小説の舞台となった明治期の仕様を復元した車両も、幅2m8cmの客車がついた小さなディーゼル機関車だ。 道後温泉〜電停松山市駅、道後温泉〜JR松山駅〜古町の2ルートを走行。 1乗車+1Dayチケットを購入すれば、市内電車とバス(都心循環東南線・東西線・平和通り線)が1日乗り放題。

愛媛県立とべ動物園(えひめけんりつとべどうぶつえん) 砥部町
約180種1000点を飼育する大規模な動物園。生息地や種類ごとに10のゾーンに分かれ、順路通りに進むと動物の国の 世界一周ができる。檻ではなく、堀を使ったパノラマ展示で見るライオンやトラは迫力満点。 日曜と祝日には、動物とふれ合える週替わりのイベントもある。

石鎚山(いしづちさん)西条市
日本七霊山に数えられ古くから信仰登山が続く、西日本最高峰。一般登山ルートは、バス停:石鎚土小屋から尾根伝いに 歩く土小屋コースと、西条市側から石鎚登山ロープウェイ山頂駅から頂上まで歩く表参道コース(ともに徒歩約2時間30分)。 二ノ鎖小屋で合流し、2つの鎖場を登ると石鎚神社の頂上社がある山頂の弥山(1974m)だ。ここからは瀬戸内海や中国、 九州の山々を見渡せる。最高峰天狗岳(1982m)まではさらに15分。鎖場では、体力に自信のない人は巻き道(迂回路)もある。

伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)松山市
創建は平安時代にさかのぼる古社。現在の社殿は1667年(寛文7)に当時の藩主松平定長が江戸城で行われた流鏑馬 の必中祈願成就のお礼に建て替えたもの。京都の石清水八幡宮を模したもので、金箔貼りの柱と細密な彫刻が施 された総檜皮葺の本殿など八幡造りの社殿(重要文化財)は、安土桃山時代の建築様式を現代に伝えている。
重要文化財の太刀も所蔵。

宝厳寺(ほうごんじ)松山市
665年(天智天皇4)創建と伝わる古刹。時宗の開祖、一遍上人〔いっぺんしょうにん〕の誕生地として知られ、本堂には 室町時代作の一遍上人立像(重要文化財)がある。山門から境内にかけての参道両側は歓楽街・ネオン坂。漱石が 『坊っちゃん』に「山門のなかに遊郭があるなんて前代未聞」と描いたように、かつての花街の雰囲気が今も残っている。 境内には、子規が詠んだ「色街や 十歩はなれて 秋の風」の碑が立つ。

Copyright (C) 2008 Maat All Rights Reserved.
有馬温泉ガイドなび
下呂温泉ガイドなび
伊香保温泉ガイドなび
伊東温泉ガイドなび
草津温泉ガイドなび
道後温泉ガイドなび
道後温泉ガイドなび
城崎温泉ガイドなび
白浜温泉ガイドなび
山中温泉ガイドなび

貸し切りバス旅之助
団体旅行社員旅行ガイドナビ
高速バスたびのすけバス
同窓会
貸切バス之助.jp