道後温泉ガイドなび 予約センター
会社概要・約款 プライバシーポリシー サイトマップ
TOPページ道後温泉についてホテル紹介モデルコース観光情報イベントお問合せ・お見積り
TOP > 道後温泉について
道後温泉について
基本温泉情報
所在地 愛媛県松山市
泉質 アルカリ性単純泉
効能 神経痛、胃腸病、冷え性、関節痛、疲労回復など
アクセス 【電車】JR予讃線・松山駅から伊予鉄道市内電車・道後温泉行で約20分終点下車
【車】松山自動車道・松山ICから国道33号・11号経由8km
道後温泉は四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉地である。
日本国内でもひときわ古い3000年もの歴史を持つといわれる温泉である。日本三古湯(白浜、有馬、道後)の一といわれる。
温泉地の中心である道後温泉本館の周辺には温泉旅館・ホテルが建ち並んでいる。
日本書紀や万葉集にも登場する道後温泉は、言わずと知れた日本を代表する温泉地で、古くは聖徳太子や小林一茶なども訪れています。夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場する「道後温泉本館」をはじめとして、昔ながらの温泉地の雰囲気がうまく保たれており、多くの観光客を魅了しています。

温泉の歴史
道後温泉には神話伝説と開湯伝説がある。

【神話伝説(伊予国風土記逸文)】
神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しんだ。
大国主命は小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたという。この模様を模して、湯釜の正面には二人の神様が彫り込まれている。
また、その上で舞ったという石は、道後温泉本館の北側に「玉の石」として奉られている。こちらにも、白鷺同様、命の「足跡」と伝えられる跡が残っている。なお、有馬温泉、玉造温泉ほか全国の各地に類似の伝説がある。

【開湯伝説(白鷺伝説)】
昔、足を痛めた白鷺が岩の間から流れ出る湯に浸していたところ、傷は癒えて、飛び立って行くのを見て、村人が手を浸すと温かく、温泉であり、効能を確認したという伝説がある。これが道後温泉の発見とされる。
道後温泉のみならず、白鷺と温泉の縁は深く、各地の温泉の発見物語に白鷺が登場する。道後温泉ではさらに念の入ったことに、その白鷺が舞い降りた跡が残ったものとのいわれのある石(鷺石)があり、市内電車の駅前の放生園(ほうじょうえん)という小公園の一角に据えられている。
なお、白鷺は道後温泉のシンボルの一つともなっており、道後温泉本館の周囲の柵にも白鷺をモチーフとした意匠がみられる。また、鷺谷という地名が残っている。

有名な聖徳太子の来由については伊予国風土記逸文に記されており、厩戸皇子(聖徳太子)が病気療養のため道後温泉に滞在したことがに記されている。皇子は伊佐爾波の岡に登り、風景と湯を絶賛し、記念に碑文を遺したとされるが、今日までその現物は発見されておらず、道後温泉最大の謎とされている。(14世紀に河野氏が湯築城造営の際に持ち去ったという説もある) 椿の湯の南側の緑地にその模様を記した碑が建立されている。
これをはじめとして、日本書紀や伊佐爾波神社(いさにわ〜。八幡宮)の社伝などによると、景行天皇・仲哀天皇・神功皇后・舒明天皇・斉明天皇・中大兄皇子(後の天智天皇)・大海人王子(後の天武天皇)など多くの皇族方が行幸したとされる。

温泉地ガイド
道後温泉街はその中央にある道後温泉本館を中心としている。本館自体が観光施設であるが、その横には「道後麦酒館」という 地ビールを飲める店があるなど、飲食施設が充実している。
温泉本館前から、市内電車の道後温泉駅まで、道後温泉商店街があり土産物店や飲食店などが軒を連ねている。
市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。駅前広場には夜間は坊っちゃん列車の機関車と客車が留め置かれ、ライトアップされている。また、坊っちゃん、マドンナ、巡査の衣装をまとった観光ボランティアガイドも出て、からくり時計の動く時間には観光人力車も集まり、とりわけ夜8時前後は賑やかになる。従来は道後温泉街には昼間の楽しみが少ないと指摘されていたが、放生園に足湯ができて、楽しみが増えた。足湯は湯釜を取り囲む形でベンチが作られ、腰を下ろして足を温泉に浸け、歩き疲れを取ることができる。なお、放生園の隣、商店街の入り口には(財)松山観光コンベンション協会の観光案内所(年中無休:TEL089-921-3708)と道後温泉旅館協同組合(TEL089-943-8342)の事務所がある。
温泉本館の北から東にかけてがホテル旅館街となっている。
周辺には、坊っちゃん記念碑、道後公園、湯築城跡、湯神社、伊佐爾波神社、松山神社、にきたつの道、セキ美術館、松山市立子規記念博物館などの見所が多数あり、一帯が観光名所を形成している。
道後温泉周辺は人力車での移動も可能。



Copyright (C) Maat All Rights Reserved.
有馬温泉ガイドなび
下呂温泉ガイドなび
伊香保温泉ガイドなび
伊東温泉ガイドなび
草津温泉ガイドなび
道後温泉ガイドなび
道後温泉ガイドなび
城崎温泉ガイドなび
白浜温泉ガイドなび
山中温泉ガイドなび

貸し切りバス旅之助
団体旅行社員旅行ガイドナビ
高速バスたびのすけバス
同窓会
貸切バス之助.jp