団体旅行・社員旅行ほか各種ご旅行のご依頼はマアトトラベルへ

ホーム ≫  スタッフブログ » 日本の温泉の秘密3 ~炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)~


スタッフブログ

日本の温泉の秘密3 ~炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)~

2013年7月11日 投稿者:マアトトラベル カテゴリー:

 こんにちは!マアトトラベルです!
全国でも多くの地域が梅雨明けし、暑い日々が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 この暑い時期、熱中症にかかってしまうのは、残念ながら人間だけではないようです…。
 人間に飼育されている動物も熱中症になってしまうことがあります。とくに犬は、人間のように全身に汗をかく機能が発達していないこともあって、人間よりも熱中症になりやすいそうです。
ヒトが品種改良して作られた鼻の短い犬種(フレンチブルドッグ・シーズ・ボストンテリアなど)は、呼吸効率が良くないため、特に暑さに弱いそうです。
 外気温が30度を超すような真夏日には、人間が旅行や買い物や仕事などで外出している際も、動物が留守番している部屋は冷房をかけた状態にし、設定温度は25~28度かつ湿度は50~60%くらいを保つようにしたほうがいいそうです。

 今日は、そんな暑い日を吹き飛ばしてくれるような、しかも美肌になれる、夏にピッタリの温泉をご紹介いたします!次回のグループ旅行や貸切バス旅行計画時の旅の目的にいかがですか?

マアトトラべルがお送りする、日本の温泉の秘密、第3回目は「炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)」についてです。

美人の湯との誉れ高い!炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)

 炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)はよく「美人の湯」として親しまれています。

 その理由としては、実際に入浴してみるとよくわかるのですが、肌がヌルヌルするからです。
この肌のヌルヌル感は、温泉成分が石けんのような役割を果たし、皮膚表面の古い角質(タンパク質)を溶解(乳化)することにより生じるものです。入浴することにより、皮膚表面の古い角質を除去してくれるので、肌がなめらかになる効果が期待できます。
 さらに、皮膚表面からの水分の発散が盛んになるので、体温が放散され清涼感を感じるため、「冷の湯」「清涼の湯」とも言われます。

 炭酸水素泉で有名な温泉地としては、東鳴子温泉(宮城県)、肘折温泉(山形県)、小谷温泉(長野県)、奈良田温泉(山梨県)、十津川温泉郷(奈良県)、奥伊根温泉(京都府)、龍神温泉(和歌山県)、嬉野温泉(佐賀県)、妙見温泉(鹿児島県)などがあげられます。

炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)の成分と特徴について

 炭酸水素泉は、炭酸水素塩(HCO3)を含む化合物を主成分としています。

 その中で、重炭酸土類泉は、温泉水1kg中に溶存物質量(ガス性のものを除く)1000mg以上が含まれるもののうち、陰イオンがヒドロ炭酸イオン、陽イオンはカルシウムまたはマグネシウムが主成分で、これが結合して、それぞれ重炭酸カルシウム、重炭酸マグネシウムを構成するものです。

 重曹泉は、温泉水1kg中に溶存物質量を1000mg以上含まれるもののうち、陰イオンがヒドロ炭酸イオン、陽イオンは80%以上がナトリウムで、これが結合して重炭酸ナトリウムを構成するものです。

炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)の効能について

 重炭酸土類泉にはカルシウムイオン・マグネシウムイオンが含まれているため、鎮静効果・痙攣や炎症を抑える効果が期待できます。
じんましん、アレルギー性疾患や慢性皮膚炎などに適しています。飲用では利尿作用があり、尿酸の排泄を促し、痛風・尿路結石・膀胱炎・糖尿病・慢性胃腸障害などに効果があります。
 重曹泉は、皮膚表面の脂肪分や古い角質(タンパク質)を溶解(乳化)することにより、美肌効果が期待できます。飲用では、胃腸病、糖尿病、胆石、初期の肝臓疾患などにも効果があると言われています。

炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)への入り方について

 炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)は別名「冷の湯」「清涼の湯」とも呼ばれ、入浴後は清涼感や冷感が感じられ湯冷めしやすいため、入浴後の冷たい飲み物は控えめにするほうがいいでしょう。どちらかと言うと、夏に特におススメの温泉です。
 温泉成分が石けんのような役割を果たすため、皮膚を必要以上に石鹸で洗い流してしまうと、入浴後皮脂がかえって取りすぎてしまい、逆効果です。皮膚のデリケートな方や乾燥肌の人は、湯上り後は保湿クリームを塗ったほうがいいでしょう。

炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)の色・匂いや感触について

 炭酸水素泉(重炭酸土類泉・重曹泉)は、基本的には無色透明ですが、わずかに緑褐色や黄土色に感じられるものもあります。
 匂いは、薬臭や金気臭がすることもあります。
温泉の感触は、肌触りがよく、入浴後は肌がスベスベします。

 続きはまた次回をお楽しみに。
今回の記事を書くに当たりまして、参考にさせていただきました。→『温泉手帳』松田忠徳 著 ・「温泉ソムリエの癒し温泉ガイド」

スタッフブログ一覧へ

関連リンク

Copyright(c)Maat Co.Ltd All rights reserved.